聖書の勉強会レポート 02

こんにちはゲノです。宣教師ブログへようこそ!
今日のテーマは、「キリスト教とはなんですか」と聞かれたとき、一言で「なんと答えるべきでしょうか」? 。。。ん、本当に一言?(笑)
勉強会ですが、この問いかけ、テーマには、話が膨らみましたよ。
2時間半に渡って澤畑先生の書き込みに覆われたホワイトボードは真っ黒!その様子を写真にとってお見せするのは早いかも知れない。とにかく興味深いテーマにはものすごい心を動かすパワーがあると改めて実感した。

そして先生の主張はこちらです:「人はもっとも確かなものに近づける」

なるべく客観的な視点で眺めためにも、人間が行ったアクション(歴史)とイエスが行ったアクション(福音)の両道を見なければならないと思うのですが本日のディスカッションの流れは自然とそうなった。
初代教会の姿、カトリック教会、ギリシャ、ロシア正教会のその後の流れなど、そして、教会という人間の群れですから当然抱える課題が発生し、課題の解決をスムーズにできなければ、権威を伴った上層部にプロテストするのが組織構成者の自然の成り行きですから、その流れ、つまり、プロテストする運動は、当然起こり、後にプロテスタントという新たな流れが加わったわけです。そして、じきに千の教派の数を超えるプロテスタントの枝分かれ…

その後、「確かなものとは」という議論が続いた。
それぞれ人が語る誠実な意見、真摯な想いが異なっていても、それを見るのが素敵な時間だった。

その異なることを楽しみとすることができ、
その異なりから、刺激を得、
考えを深めるヒントを得、
その異なりの中から、共通する各自の「願いと信仰と聖書への謙虚な姿勢」を見、
共に、神への真摯な姿勢を持っている事で一致を感じ取った今日の勉強会でした。

その感覚は、互いへの優しい心持、つまり、愛を向け合うことをもたらし、キリスト者として生きる一致を見ることになりました。

そして、私達は人間の歴史というアクション(歴史)の中に、今も語りかけるイエスが行ったアクション(福音)の精髄を学ぶことでキリスト教とは?が見えてくるかと思える。

神は唯一。*(そのように言った瞬間にその人の心に生まれる神への畏敬をスタート地点にしてキリスト教を語るときに、キリスト教とは、、を語りえる姿勢を得られる)

それだけは確かである。
ゆえに、キリスト教を一言で言うと、、、
聖書を読み、キリストの言葉によって、肝心なものと肝心でないものを見分けながら生きる(生きようとしている)クリスチャンは、親しい人から問いかけられたら、一言で、自分の言葉でキリスト教をなんと表現しましょうか?

澤畑牧師からのこの問いかけは、とても面白い語り合いを生みました。

今日の祈り。
聖なる神様、今日の勉強会は充実した時間になりましたこと、みんな共に喜んでおります。私たちに知恵に光を与えて下さい。そして木が大きくなれば枝分かれしますが、主はひとつ、信仰はひとつ、、、とありますように、私たちの小さな教会を見守り、導いて下さい。
キリストの御名によってお祈り致します。
AMEN

在主。

カテゴリー: 宣教師ブログ   パーマリンク